テーマ:東日本大震災

デザイナー夢見た 少女の ハンカチ全国に

デザイナーに なるという 夢を 持ちながら、東日本大震災の 津波で 犠牲に なった 少女が 描いた 絵が デザインされた ハンカチが あります。ハンカチ は 少女の地元、 福島県 いわき市で 9000 枚 以上 販売されていて、デザイナーに なりたいと いう 少女の 夢と 震災の 風化を 防ぎたいとの 父の願 いが 込められた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本 大震災 ~7年 復興住宅 今は、

住まい再建の 出口が 見えつつある 津波被災地。生業を 立て直して 「平時」に 戻った人が いる 一方で、以前の 暮 らしを 取 り 戻 せないままの 人が いる。そうした 「復興弱者」の 受 け 皿に なっている の が、災害公営住宅 (復興住宅 )だ。 老いと 困窮 と孤立 ~。 支援の あり方が 問 われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの 思う 福島 は どんな 福島ですか?

福島県 という 名前 を 変えないと、復興 は難 し い ので は ないかと 言う人が います。 海外の かたの 中 に は、日本人 は みんな、防護服 を着ていると 思ってい る人も いるそうです。 あなたの 思う 福島 はどんな 福島 ですか? 福島にも、様々な人が 暮 してい ます。 括ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK は津波の予知 を していたので しょうか、・・・?

千年に 一度とも 言われた 東日本大震災 の 大津波 から11日 で 5年。 被災地 では、新 しい まちづ く り も進 むが、住宅再建 や 土地 造成 は 想定より 遅れ、仮設 から 仮設 への 転居 も 余儀 なくされる。 全国の 先を 行 く 人口減少 の 現実が、復興 の 重い 足かせになっている。 被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪開催 復興遅れを心配

東日本大震災から3年を迎え、メディアは3月に入って集中的に震災関連の テレビ取材や新聞記事震災特集が連日のように報じられました。しかし、節 目の時期が過ぎれば、除々にテレビでは、報道しなくなります。ただし、新聞 各紙では、つねに震災関連の記事を載せております。被災者の思いや暮ら し、復旧・復興の進ちょく状況、原発事故後の福島の現…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

復興への願い・緑のバトン運動

東日本大震災の被災地に願う子どもたちの思いを届けたい。津波で緑が失 われたれた東北地方の沿岸部に、学校で育てた苗木を植樹する「緑のバト ン運動が今年度から始まりました。初めての募集に、38都道府県の小中学 校など275校が参加してくれました。子どもたちが、1~2年後に植樹する約 5600本の苗木をそだてています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウェブベルマーク運動スタート

ベルマークに、新しい鐘が鳴り始めます。東日本大震災で被災した東北地 方の学校を息長く支援していきたい~。インターネットのショッピングサイト を利用して買い物をすることで、被災地の学校を支援することにつながる。 「ウェブベルマーク運動」が、17日から始まります。買い物によって、サイト を運営する協賛会社から、被災地の学校への支援金…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「夏休みは被災地に行こう」について

「夏休みは被災地に行こう」について  花火募金ご協力のお願い。 「ライトアップニッポン」 今年も8月11日(日) 東北の夜空に一斉に花火が上がります。 皆様の募金で打ち上げられる希望の、花火です。 どうか募金にご協力いただけますようお願いいたします。 東北に、子どもたちの笑顔を照らす花火を咲かせよう …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏休みは被災地に行こう

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響から、東北地方の観光 地は観光自粛や風評被害などで厳しい状況が続いている。被災地に泊まり 現地の食材を食べることで復興支援につながる。夏休みに計画してみては どうだろう。   被災者の声を聞く 南三陸町復興応援プロジェクト(宮城県登米市)の「南三陸復興学びのプロ グラム」は…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

原発事故で、学級数減少に拍車

東京電力福島第1原発事故後、避難などの影響で、福島県内では小中学 校の人数や学級数が減少している。過疎化や少子化による子供の減少な どで もともと減少傾向にあったが原発事故が拍車をかけた。2年3ヵ月が たっても再開していない学校もあり、教育現場の混乱は続く。 県内の児童数は年々、減少を続け、災害前(平成22年5月)は11万617…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

防災とボランティア活動・参加するには。

私たちは大切な人を失った人の心の痛みをサポートし、支え合う社会を目指 した活動をしています。3・11後は、家族を亡くされた方の悲しみをわかちあ う会を開催しています。ただ多くの人の悲しみはとても深くて、絶望的な想い を抱えている人もいます。簡単に皆さんと気持ちをわかちあえる段階にはあ りません。でも時間をかけて続けることで、いつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東日本大震災 あの日から2年!仮設住宅の子は、

福島県浪江町から避難してきた人たちが暮らす福島県二本松市の仮設住宅 の一角で、子どもたちの学習を支する取り組みが続いています。震災後はた び重なる移転と放射能へのストレスなどから落ち着きを失っていた子どもたち ですがNPOのスタッフやボランティアの大学生らに教えてもらいながら熱心に 勉強していました。 仮設…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ぼくらの3・11 絵本に 福島の小学生、震災・原発体験つづる

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に見舞われた福島の小学生た ちが、体験や思いをつづった作文や詩が絵本にまとまった。「ふるさとはフク シマ 子どもたちの3・11」 (文研出版)として、30日に出版された。 福島市のNPO 「元気になろう福島」 が震災後、原発に近い 大熊町 南相馬市、いわき市など七つの小学…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more