デザイナー夢見た 少女の ハンカチ全国に

デザイナーに なるという 夢を 持ちながら、東日本大震災の 津波で 犠牲に なった
少女が 描いた 絵が デザインされた ハンカチが あります。ハンカチ は 少女の地元、
福島県 いわき市で 9000 枚 以上 販売されていて、デザイナーに なりたいと いう
少女の 夢と 震災の 風化を 防ぎたいとの 父の願 いが 込められた ハンカチ は今も
全国に 広がっています。

画像



ハンカチにデザインさ れているのは、福島県 いわき市で 暮らしていた 鈴木 姫花
(ひめか)さん が 描いた 地元のシンボルの 塩屋崎 灯台 と、笑顔 の子供たち の
絵です。

姫花さんは10歳 だった8年 前の東日本大震災で、灯台の 近くの 祖母の家に避難
していた 際、津波に 流され 犠牲に なりました。

画像


その後、姫花さんの 夢はデザイナーだったと 父の 貴 (たか し)さん が 語った
新聞記事 を きっか け に、京都 の デザイナー が 姫花さんの 絵を ハンカチ に
しょう と 提案 しました。

貴さんは 娘の 夢を 実現 し、生きた 証 しを 残 して 震災の 風化を 防ぎ たいと、
姫花 さん が 9 歳の とき に 描 いた 灯台 の 絵を 提供 しました。

完成 したハンカチは震災の 翌年に 灯台 の 近くの 土産物店で 販売が 始まり、
1枚 800 円 で これまで に 9000 枚 以上 販売 されました。

震災から8 年と なる今も 全国から の 観光 客や 修学旅行 生が 購入している
そう です。

収益 は全額が 震災や交通事故の 遺児などに 送られていて、父親の貴さんは
「9000 人の方が ハンカチを 取ってくださ り、鈴木姫花と いう名前を 呼んで
くれたと 思います。続 けて きて よかったと 思 います」と 話 しています。


灯台の資料館で ハンカチ 展示

鈴木姫花さんが描いた福島県いわき市の塩屋崎灯台は、明治32年に建てられ
ました。管理しているのは、福島保安部です。

高さ は27メートル、太平洋を 一望 できる 展望デッキは 一般に 公開 され、
多 くの 観光客が 訪れます。

東日本大震災では 灯台に つながる 道が 崩れてしまい、平成26年までの
3年 間、閉鎖 されました。

再開 後は 灯台の 入り口そばに ある 資料館に 姫花さんの ハンカチが 展示
され、チケットを 販売する 女性が 制作までの いきさつなどを 来場者 に説明
しています。 ハンカチ は 灯台 の 近くの 土産物 店や 地元の イベント などで
販売 されています。

姫花 さんの 父の 貴さんは 地元に 足を 運んで 娘の ことや 津波 の 被害 に
つ いて 知ってほ しい と 考えて いる ため、インターネット などで は 販売
されていません。





被災地の 商品を 買って 応援
買うは 応援に なる

https://yellmarket.yahoo.co.jp/speciallist/feature0311/2019/



"デザイナー夢見た 少女の ハンカチ全国に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント