おくすり手帳 の 効能 は、災害 避難に持ち出し品に活躍する。

医師が 患者を診るときにカルテを 書くように、薬剤師も 薬を出すときに
患者の 調子をみたり質問したりして、薬の カルテを書く、正式には「薬剤
服用歴(薬歴)という。多くの 薬局では 電子化されていて、患者が 以前と
同じ 薬局へ 行くと、薬剤師は すぐにその患者の 薬歴を 確かめる。薬の 効
き 具合や 副作用をみて、薬の 飲み方を 改めて患者に伝える。薬歴を書いて
いない 薬局に通っていた患者は、正しい薬の 飲み方を 伝えられていなかっ
た 可能性がある。

DSCF2412.JPG


患者は、いつも 同じ 薬局に行くわけではない。そこで 活躍するのが「おく
すり手帳」だ。別の 薬局に行っても、どういう 薬を 飲んでいるかが 手帳を
見せるだけで 伝わる。薬の 飲み合わせが 悪く、副作用で死に 至ることも
ある。それを 防ぐのに 役立つ。手帳には、薬の 名前や 飲む量、注意事項が
記される。これらの 情報をシールに 印刷して手帳に 貼るのが 一般的だ。
これまで かかった 主な 病気、食べ物の アレルギー、副作用が あった薬など
も 書いて医師や 薬剤師に 伝える。おくすり手帳は 一部の 病院や 薬局が
配っていたが、2000 年4月からは 国の 医療保険制度で 広めることになり、
多くの 薬局が 配るようになった。薬局は それまでも、患者に薬の飲み方を
説明することで 一回300円の「指導料」を 診察報酬として 得ていた。
さらに手帳に 薬の 情報を書き込んで 渡せば、一回150円を得られるよう
になった。

その頃、おくすり手帳は 任意で、患者は手帳を 断ることもできた。ところが、
手帳の 威力に 気付かされる できごとが 起きた。11年3月の 東日本大震災
だ。病院や 薬局が 被災するなか、患者がどういう 薬を 飲んでいるのかを
把握するために、おくすり手帳が 大活躍したのだ。そこで 翌12年、手帳を
すべての 患者に普 及させることになった。薬局は、お薬の 飲み方を 説明
するとともに、その内容を手帳に記入することで、合わせて「指導料」とし
て410円を 得ることになった。患者は 手帳を 断れなくなり、事実上の
強制になった。患者は 手帳を 忘れることもある。そのときに薬剤師が 薬の
情報が 書かれたシールだけを 患者に渡し「あとでシールを 貼っておいてく
ださいね」という薬局もあり、制度的に 認められていた。

DSCF3218.JPG


DSCF2387.JPG


DSCF3212.JPG



厚生労働省の 社会医療診療行為別 統計によると 2017 年に同一の保険薬局で
調剤された薬の種類数は、75歳以上では7種類が24・5%、5~6
種類が16・3%と合計で40%を超える。65~74歳でも7種類以上と
5~6種類の合計で27・9%と3割近い。多すぎる薬の使用は「ポリフ
ァーマシー」と呼ばれ、厚労省も指導指針をまとめるなどして 対策を 進め
ている。日本老年医学会は75歳以上の高齢者を対象に高齢者の 安全な
薬物療法 ガイドライン 2015で、特に慎重な 投与を要する薬物の リストを
掲載。そのなかには睡眠薬やうつ病の薬、脳梗塞や心筋梗塞の予防に使われ
る抗血薬、糖尿病治療薬など高齢者によく使われている治療薬も少なくない。
家族と一緒に 確認してみるのも手だ。

 ガイドラインの活用を
薬はなるべく5種類まで。飲み残しの多い人は見直したほうがよい。高齢
者の 医療に 詳しい東京大学の 教授は 注意を 促す。高齢者が 多くの 種類
の 薬を飲むことで 起きやすい 副作用は 幅広い。例えば血圧を下げる 降圧
剤や 睡眠薬を 飲んでいる 高齢者では、ふらついたり 転倒したりといった
ことが 起きやすくなる。

東京都内の 診療所に 通う高齢者を 対象に 薬の数と転倒の 関係を調べた
研究では5~6種類の 薬を 服用する 患者の 約4割が 転倒。4種類 以下の
患者が転倒した割合は2割以下で、5種類を超えると急に 転倒する 割合が
高くなっていた。血圧が上がると脳梗塞のリスクは上がるが、下げすぎる
と ふらつく。

ふらつきや 転倒だけではない。飲んでいる薬が6種類を 超えると、6人に
1人の 割合で 様々な 副作用が おきるとする 研究もある。糖尿病の治療薬
や降圧剤などを飲んでいる患者では、物忘れが激しくなったり 記憶障害が
起きたりしやすくなる。心不全の 薬などを使っていると、元気が なくなり
抑うつ 症状が 起きる 場合もある。薬の 飲み過ぎで 食欲不振や 下痢に
なるといったことも 起きる。

これらの 副作用は 認知症と間違えられたり、単に年をとった影響と見逃
されたりすることも少なくない。こうした 症状が 続くなら薬の 飲み過ぎを
疑うことも 必要だ。

副作用が 起きやすくなるのは、高齢になるにつれて 薬の 効き方が変わって
くることも大きい。「体質も 変わり、腎機能の 低下でで量が 多いと 効き
過ぎる」と説明する。特病が 増えてくると 以前と同じ薬を 使い続けてよい
か 再検討が 必要な 場合もある。例えば 高血圧の 治療薬にベータ 遮断薬と
いう 種類がある。ところが、高齢になってから 発症が 増える 肺の病気の
ひとつである 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療には、ベータ 遮断薬と
反対の 動きをする 治療薬が 使われる。両方を同時に 飲むと 互いに 効果を
打ち消し合うので、COPDの 治療を 始めたら 高血圧の 治療薬を 別の
種類に 変えなければならない。

心配 なのは 飲み合わせによる 副作用だけではない。薬の 種類が増えると、
薬を 飲むタイミングを 間違えたり、必要な 薬を飲み忘れたりする 心配も
出てくる。薬を飲むタイミングは食前や 食後、就寝前など多様で、一日に
何回 飲むかも 薬によって異なる。いろいろな 医療機関 からバラバラに
薬を 出されると、いつ どの 薬を 飲んだら 良いか混乱 しがち。どの薬が
優先か わからず、大事な 薬を 間引くことも 起きると 教授は 指摘する。
種類を 減らすだけでなく、薬の 内容を見直して飲む タイミングを 夕食後
にまとめるなどの工夫も 必要になってくる。

薬の交通整理をして副作用をさけるには、お薬手帳にまとめて使っている
薬を記録する方法もあるが、活用されているとは言いがたい。いつでも
医療機関に見せられるようお薬手帳や検査データを診察券などとまとめて
一つのケースに入れておくのもよいただ、どの薬を優先すべきかを、患者
や家族が判断するのは危険だ薬をやめるときは自己判断で決めずに、医師
や薬剤師に必ず相談してほしいと教授は話している。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月23日 10:02
こんにちわ!
「薬の情報が書かれたシールだけを患者に渡し」だけで済むなら親切な話で良いのですが、その際に料金が上がっています。この料金が上がるという点が理解できません。「手帳に貼ってチェックする手間が省けた」ので、「指導料」相当分が逆に安くなってもよいはずだと思うのですが・・・疑問です。

ミストラル~風
2019年11月23日 12:21
わけい さん、コメントありがとうごいます。ご無沙汰しております。訪問観覧ありがとう。お薬指導料は、お薬手帳を特参して医療費が 値下がらないのは、「6ヵ月以上 薬局に行かなかたときや別の薬局で薬を処方してもらった 場合は、
※手帳を特参しても安くなりません。通常指導料は、手帳無い。500 円~手帳持参で380円で差額で150円安くなす。私も質問が無ければ、知りませんでした。勉強になりました。ありがとうございました。